中学生は、地域の自主防災会において頼りになる存在です。

自主防災会で活動をしている時の話。可搬ポンプ放水・炊き出し・安否確認・避難行動などの訓練を計画・実施しましたが、中学生の皆さんにも積極的にご協力いただきました。

中学生は、地域の自主防災活動において、とても頼りになる存在です。

災害は色々なケースが想定されますが、その発生の時間帯などによっては、成人の男性は仕事で地域外にいることも多く、いざという時に、その地域にいない場合があります。帰宅困難な場合もでてきます。

高校生や大学生も同様です。しかし、基本的に中学生は、日常 地域内で活動していますし、小学生と比較して、体力・判断力なども優れています。

その年下の子供達の面倒を見てあげたり、高齢者に気配りをしたり、地域の人と協力し合ったり、時には、リーダーシップを取っていく力もあると思います。

そういった中学生に日頃から防災の意識を強く持ってもらえることで、地域の防災力はアップします。

自主防災活動においても、短期的な取り組みと、中期的な取り組みが必要になってきます。なかなか難しい面もあるとは思いますが、時間が掛かってでも、そのような地域の文化みたいなものを作っていくことも、自主防災活動における中期的な取り組みの一環であると考えます。

そんなことを意識しながら、総合防災訓練において、一つの試みを考えました。

それは、民生委員と中学生のパートナーシップによる災害時要援護者の方のお宅を訪問しての安否確認の訓練です。これによって、要援護者の方の訓練参加を形にできると共に、新たなコミュニケーションを創造してみようという狙いがあります。

中学生と要援護者の方々とのコミュニケーションにより、そこに何かの新しい気づきやアイデアが見つかるかもしれない…、と期待をしました。

 

防災訓練

自助・共助の意識を高めることは、自主防災の最大の役割だと思います。

 

また、可搬ポンプは 男性の仕事、炊き出しは 女性の仕事という既定の概念があります。そんな概念も、実際に災害が起きた時には通用しません。この既定の概念を取り払い、色々な役割を、年齢・性別に関係なく、臨機応変に対応できるようにしておくことも重要です。

その辺りも意識して、訓練・体験ができるように計画を組んでみました。

 

参照記事
◇ 男女共同参画の視点からの防災|静岡県公式ホームページ

SNSでもご購読できます。