安否確認システムについて

「安否確認システム」とは、災害発生時にスタッフやその家族の安否状況を確認するためのシステムです。一斉メール配信、状況集計、掲示板などの機能を提供します。送信代行や専用サイトの運用などをサービスとして、提供される場合もあります。震災の経験から多くの企業でその重要性と必要性が見直され、導入企業が増えています。社員の安否情報を短時間で収集することで、災害発生時の素早い意思決定を可能にし、事業への二次的な被害を最小限に留めることができます。

「災害発生時にスタッフと連絡が取れなくて、事業回復が遅れた。」
「SNSでの確認で大丈夫と思っていたら、全然繋がらなかった。」

災害発生時の対応において最重要となるスタッフの安否確認。大規模な災害になると、通信インフラの損傷や通信規制で電話回線が繋がりにくくなり、通話での安否確認は困難です。一方、SNSでの安否確認は通話に比べ連絡は取りやすくなりますが、状況の集計に手間取ってしまい、業務の早期回復を妨げてしまいます。

広域災害時も稼働するように設計されているシステムで、もしものために備えましょう。緊急時のリスクを最小限に!

「安否確認システム」でできること

一斉連絡でスタッフの安全を素早く確認
災害発生時に安否確認をするスタッフの選定をしている時間などはありません。安否確認システムは、すばやく連絡が取れるよう、一斉連絡をする機能が備わっています。

スタッフへの自動連絡
突然の災害発生時、安否確認システム管理者がシステム操作できない場合に備え、地域を絞ったり、地震や津波などの災害情報に合わせて自動的に一斉連絡ができる機能が便利です。例えば、東京都に震度5以上の地震があった場合に自動的に連絡するといったことが可能になります。

安否状況のリアルタイム確認
一斉連絡の後にスタッフが連絡をすると、システムがリアルタイムに集計を行い、安否確認できないスタッフをいち早く把握することができます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*